骨盤の歪みや異常 解消法

骨盤の歪みや異常と解消法について

スポンサーリンク

 

【増加する骨盤の異常】
近年、骨盤の歪みや異常が数多く取り上げられています。
日ごろの姿勢や生活習慣を原因としたものを始め、出産後に骨盤が歪んでしまったり、閉じ切っていない事による異常、骨盤内の臓器の疾患による異常等、様々なものがあります。

 

しかし、多くは、日ごろの姿勢や生活習慣を原因としたものです。
パソコンやスマフォを触りすぎる事による、長時間の体への緊張や悪い姿勢が、体の筋肉を固くさせ、骨盤の歪みや異常を起こしたり、歪ませたりしてしまっています。

 

骨盤の歪みや異常を解消させるには、まず座り方に注意し、骨盤の筋肉の筋肉を緩ませるストレッチ、そして骨盤を引き締めるエクササイズが重要となります。
とはいっても、現代社会はストレス社会とも呼ばれ、骨盤の歪みや異常を解消させる為の姿勢保持やストレッチ、エクササイズを取る時間が中々取れないという人も多いでしょう。
また、そんな事はえらくてできない、面倒くさくてできないという人もいるでしょう。

 

そういう人は、整体やマッサージ等で、他人の力を頼ることで、なんとか骨盤の歪みや異常を解消させようとする事になります。
しかし、骨盤の異常は他人の体ではなく、自分の体に起きているのです。
他人任せなだけでは、しばらくすると元に戻ってしまい、また骨盤の歪みや異常を解消させる前の状態に戻ってしまいます。

 

 

【骨盤の歪みをどうするか】
骨盤の歪みや異常を解消させるのに大事なのは、自分の生活習慣を見直し、悪い所を改善していく事です。
そうしなければ、いつまでたっても、根本的に骨盤の歪みや異常を解消させる事はできません。
整体やマッサージによって、他人が自分の骨盤の歪みや異常を解消させる事はできても、生活習慣等を改善させるのは、自分の意思による事になるからです。

 

医者通いをしたり、整体やマッサージを行うのもよいですが、やはり、最後は自分自身の力で治して行く事が、一番大事になります。
病気などの症状を治す上では、最も大切なのは本人の内面的な体と心の力で、外部的な治療や薬の服用は、あくまでも補助的なものであると言う事を、忘れないようにしないといけません。

 

あまりに薬等に頼り過ぎると、中毒症状や依存症状を起こしてしまい、本来患う必要のなかった頭痛や貧血等の薬の副作用による症状も、抱え込まなければいけない危険があります。
外部的な介入は、あくまでも副次的なものです。

 

1人では根本的に骨盤の歪みや異常を解消させる事が難しいと思った人は、同じような悩みを抱える人同士の集まりに参加して、何を治さなければいけないかを話しあい、考えた方がよいかもしれません。

 

寿命が伸び続ける現代社会では、体の健康管理もしていかないと、寝たきりのまま、寿命を迎えるのを待つ事になってしまう危険もあります。

 

そうならない為にも、日ごろの生活習慣をどう改めていくかが、重要になっていくのです。

 

スポンサーリンク

 

【座骨神経痛と骨盤の歪みの関係】
骨盤の歪みは、座骨神経痛にも大きな影響をと与えています。
日常の生活や動作で、傾いていたり、悪い姿勢を取る事で、骨盤の歪みが起こると、それにつられるように、座骨神経痛が発生します。
骨盤の歪みは、全身の様々な部分の不調の原因となりますが、特に関係が深いのは、膝の痛みです。

 

他に、骨盤のずれや歪みが、股関節の痛みに影響する事もあります。
座骨神経痛は、このように、骨盤の歪みと密接に関係し、膝、股関節の痛みにも関係しています。
旗から見ていると伝わりにくい座骨神経痛の痛みというものは、座骨神経痛になった事があるという人でなければ共感する事はできません。
怪我や病気を含めてもトップクラスの痛みのある座骨神経痛の症状を和らげ、骨盤の歪みを防ぐ方法をご紹介します。

 

【座骨神経痛と筋トレ】
座骨神経痛の痛みと骨盤の歪みをこれ以上悪化させない対処法には、骨を守る為の筋肉でもあるインナーマッスルを筋トレするという事が必要になってきます。
コルセットやサポーターなどを使用して、座骨神経痛の痛みと骨盤の歪みを外部からの衝撃から守る対処法というのももちろん重要になってきますが、天然のコルセットでもあるインナーマッスルを筋トレによって鍛える事によって、座骨神経痛の痛みと骨盤の歪みの症状の悪化を食い止め、徐々に症状を緩和させていく効果があります。

 

 

 

【座骨神経痛と骨盤の歪みにはストレッチが効果的】
手術でヘルニア部分を除去するといった和らげる手法もありますが、やはり身体にメスを入れる事に抵抗のある方というのは沢山います。
そういった方が座骨神経痛の痛みを和らげ、骨盤の歪みも防ぐために行って頂きたい方法とはストレッチです。
ストレッチというと、単に体を伸ばすリラックスできるような方法だと認識している方も多いのですが、身体、骨盤の歪みなどを正常なものに改善するといった効果が期待できます。
ストレッチは即効性はありませんが、続けて行く事によって座骨神経痛の痛み、骨盤の歪みを和らげる効果が期待できます。
誰にでも出来て、なおかつ汎用性の高い方法だと言えます。

 

 

【座骨神経痛、骨盤の歪みにはロキソニンやモーラステープ】
ストレッチは座骨神経痛の痛み、骨盤の歪みを和らげる対処法としては優秀ですが、即効性がないといったデメリットもあります。
その為、座骨神経痛の痛み、骨盤の歪みの激痛を和らげる対処法としては、痛み止めの薬であったり、湿布などで傷みを抑えるといった方法がございます。
ロキソニンなどは胃に負担を賭けますが、激痛を抑える対処法としては座骨神経痛の痛み以外にも使用されております。
また、患部に直接貼る事によって痛みを和らげる方法として利用される湿布の中でも特に効果の強いモーラステープなどもおすすめです。
モーラステープも皮膚が荒れる方などもいらっしゃるので、様子を見ながら対応するようにしてください。

 

 

即効的な効果のある治療法の少ない座骨神経痛、骨盤の歪みですが、長いスパンで対処法を考える事によって、症状を和らげて前向きに対応する事が出来るようになります。
スポーツをされている方だけでなく、オフィスワークの方にとっても辛い時間が続くかと思いますが、定期的に病院に通うなど行う事によって、徐々に痛みは緩和されていきます。

 

 

【座骨神経痛、骨盤の歪みが筋トレによって悪化する可能性】
座骨神経痛、骨盤の歪みを悪化させない対処法の筋トレが、逆に座骨神経痛を悪化させてしまう注意点がある事はあまり知られておりません。
特に症状が現れる前と現れた後では筋肉、体そのものの強度が全然ちがっております。
その為、同じように筋トレをしてしまうと、どうしても痛みが生じやすく、悪化しやすくなってしまうのが注意点です。
特に病院でリハビリの先生の指導の下で行う場合と、色々なブログやホームページなどで見たものを実践する場合とでは、どうしてもリスクに大きな差が出てしまいます。

 

 

【インナーマッスルをトレーニングをはじめる時期】
また、座骨神経痛、骨盤の歪みを緩和させるために筋トレを行う時には、スタートするタイミングも注意点です。
まだ痛みが落ち着かない時などに、無理をしてトレーニングをしてしまうと、どうしても悪化してしまう可能性が高くなっておりますので注意点としてください。

 

座骨神経痛の痛み、骨盤の歪みを緩和させるひとつの対処法としてインナーマッスルをトレーニングするという選択肢がありますが、症状や痛みの出方、年齢、性別、筋肉の量などそれぞれ異なりますので、その人にあった方法でないと、どうしても悪化してしまう注意点がありますので、しっかりと専門の方から指導を受けながらチャレンジするようにしてください。

 

 

【呼吸法を取り入れる】
座骨神経痛の激痛を緩和させるためには、自律神経の副交感神経という部分の働きを促すのも効果的な対処法になります。
副交感神経には自律神経の反対でもある身体をリラックスさせるといった効果がありますので、副交感神経の働きが活発になれば、激痛徐々に緩和していきます。
副交感神経の働きを活発にするためには、深く呼吸をする事が重要になります。
腹式呼吸を意識してしっかりと深く呼吸をする事によって、副交感神経の活動が活発になっていきます。
簡単に行う事ができる対処法ですので、座骨神経痛の激痛に耐えられなくなったときにおすすめです。

 

 

座骨神経痛が原因の激痛の対処法は諸説ありますので、どれが正しいといった事はありません。
自分が試してみて、効果のあった座骨神経痛が原因の激痛の対処方法が正しい方法ですので、身長に見極めてください。

スポンサーリンク