股関節の痛み 足が上がらない 原因

股関節の痛みで足が上がらない原因とは

スポンサーリンク

スポーツを行っていてその中で股関節などに怪我をして痛みを感じるということもありますが、年齢を重ねてくると股関節の痛みがあり足が上がらない原因となる事もあります。この股関節に出てくる痛みは何が原因なのでしょうか。

 

【股関節の痛みで段差など足が上がらない原因とは?】
股関節の痛みがあり、階段、またほんの少しの段差で足が上がらない原因には、様々な事が考えられます。股関節の痛みが左なのか右なのか、また内側なのか外側なのか、痛みの出る場所は様々で、足が上がらない原因も痛みの箇所によって様々です。

 

股関節の痛みなどから足が上がらない原因には、変形性股関節賞や先天性股関節脱臼、また関節リウマチなどの要因もありますし、肥満、出産で紺関節や骨盤に負担がかかる等も要因となります。

 

【足が上がらない原因はなにか?】
骨折などの外傷や細菌感染したという場合を除き、足を上げると何となく痛いといった小さい痛みから次第に痛みがひどくなり、足を上げる事が出来ないほどになったという場合、股関節周辺の筋肉に問題がある事が多いです。

 

中臀筋と呼ばれるおしりの筋肉、また外側の大腿筋膜張筋、さらに腸腰筋などの単体の筋肉に問題がある場合もありますし、複合的にトラブルになっていることもあります。

 

スポンサーリンク

 

【股関節の痛みや足が上がらない理由が筋肉という場合】
股関節の痛みがあり、足が上がらない理由が明らかに筋肉という場合には、筋肉の機能を正常に戻していくマッサージ、またストレッチなどを行うことが大切になりますが、痛みが強いという時には、鎮痛剤の注射などを行うこともあります。

 

整形外科にいって骨に異常がないかを確認してから、異常がない場合には、炎症を起こしている箇所がおさまってから、筋肉を正常にする、強くするような運動を行います。

 

【治療や運動は専門医、整骨院などのプロに指導してもらうことが重要】
股関節の痛みで足が上がらない原因が筋肉の炎症などの場合、マッサージ、電気を充てるなどの治療を行うことで、少しずつ改善していくと思いますが、痛みが少なくなってからすぐにスポーツをはじめてしまうと、また同じような状態になってしまうこともあります。

 

しっかりと痛みが取れて炎症が引いたら炎症箇所の筋肉を強くするための運動などを、整骨院等の先生から学び、自己判断ではなく様子を見ながら行っていく方が安心です。

 

股関節が痛いと歩くことも辛いですし、日常生活の中でちょっとした行動をするにも痛みで動きにくくなることが多いです。炎症が広がると痛みもさらにひどくなるので、医療機関や整骨院などの専門家にみせて正しい治療を行う必要があります。

スポンサーリンク