骨盤腹膜炎 ストレス 対処法

骨盤腹膜炎のストレス対処法理解しよう

スポンサーリンク

骨盤腹膜炎という疾患は下腹部全体に持続的な痛みが出たり、発熱するなどの症状が出てくることもあります。様々なことが要因となってこの疾患になるのですが、その対処法としてにストレスを改善することが求められます。こうした対処法を理解しましょう。

 

【骨盤腹膜炎とはどういう病気なのか?】
骨盤は子宮、卵巣、また臓器、器官等がありこれらは薄い腹膜と呼ばれるもので覆われています。この腹膜に何らかの菌が感染することで炎症を起こすと骨盤腹膜炎という疾患になります。

 

ほとんどの場合、細菌感染によって骨盤内の炎症が拡大しこの病気になりますが、最初は子宮頸管炎、次いで子宮内膜炎、最終的に腹膜に達します。

 

【どのような菌が原因となるのか・症状は?】
骨盤腹膜炎の元となる細菌類としては、クラミジア、淋病などの性行為感染症が最も多く、その他には大腸菌、嫌気性菌等が元になります。

 

症状としては寒気をともなう発熱、だるさ、吐き気、黄色、緑などの悪臭を放つおりもの等が出てきます。この症状が進み慢性化すると、腹膜と臓器が癒着をお越し下腹部に強い痛みを発症します。

 

また便秘、下痢尚を引き起こし、これがさらに悪化すると炎症を起こした部分から膿が発生し腫れるということもあります。

 

スポンサーリンク

 

【骨盤腹膜炎にならないために対処法を知ろう】
骨盤腹膜炎は免疫力が低下している時に元となる細菌類に感染しやすいといわれています。免疫力の低下はストレスの蓄積が原因としてあげられています。

 

仕事関係でのストレス、プライベートでのストレス、また家族間でもめ事などからストレスを受けている方も少なくありません。ストレスを軽減させること、これが対処法になりますので、ストレスを解消するためにできる事を考えてみるといいでしょう。

 

【笑顔になれる時間を多くするという対処法】
いきなり今あるストレスを軽減させるということは難しいと思いますが、対処法として例えばお笑いのDVDをみて大笑いするということも一つの方法です。

 

笑顔が多くなると脳が刺激され免疫機能活性ホルモンが分泌され、免疫力向上につながります。笑顔は骨盤腹膜炎の大きな対処法となる!と覚えておいてほしいです。

 

痛みを伴うこともあり、悪化すると非常につらい状態になる骨盤腹膜炎は、ストレスを解消する術を持ち免疫力を向上させ、細菌に負けない体になる事が予防につながります。違和感がある、痛みがある、おかしいと思う時には必ず医療機関を受診しましょう。

スポンサーリンク