骨盤が大きい くびれに影響

骨盤が大きいとくびれに影響するってどういうこと?

スポンサーリンク

ウエストのくびれ、女性にとってはこのくびれが美しいスタイルに欠かせないことになるので、みなさん必死にくびれを作ろうと頑張っています。骨盤が大きいということがくびれに影響するということはご存知でしょうか。

 

【骨盤が大きい事とくびれ・・これは深い関係がある】
骨盤が大きいことそれはくびれに影響するといわれます。海外の女性と日本の女性を比較すると、海外の女性の方が大柄で足が長く、おしりが大きいと感じます。日本の女性は小柄でどちらかといえば足が身近く、海外の女性と比較すると寸胴で骨盤も小さいです。

 

女性らしい体型というとやはりウエストが美しくくびれているというスタイルを想像しますが、骨盤が小さい日本人女性はウエストを強調することが元々難しい体型なのです。

 

【骨盤が大きいとウエストとの格差がよく見える】
骨盤が大きいとウエストがそれほどくびれていなくても骨盤が大きい事でくびれに影響しその部分が細く見えます。でも骨盤が小さい日本人のような体型だと、骨盤とウエストの差が少なくなるので、くびれていないように見えてしまうのです。

 

日本人は元々骨盤が小さく欧米諸国の方々と比較しておしりが小さく見えます。元々ウエストも欧米の方よりずっと細いのに、おしりが小さいのでその格差が小さくなり細さが目立たないというわけです。

 

スポンサーリンク

 

【くびれに影響する骨盤、狭い人はどうすればいい?】
骨盤がくびれに影響するということは、くびれを作る腹筋など行いつつ、おしりの筋肉をしっかり鍛えて上向きで印象的なおしりに持っていくということが、くびれを目立たせるトレーニングになります。

 

ウエストを絞る腹筋など行い、欧米諸国の方々の魅力的なおしりのような形になる様に、スクワットを行うとくびれを目立たせるヒップになります。

 

【がに股スクワットで理想的なおしりとくびれを手に入れる】
骨盤が大きくなくても、筋肉を付けることでしっかりとくびれを目立たせることができます。そのトレーニングにはがに股スクワットが最適です。

 

足を肩幅より広く開き、つま先、膝を外に向けてそのままゆっくり、太ももが水平になるくらいまで下げていきます。そこからゆっくり膝を伸ばして腰を上げますが、この時おしりの筋肉に意識を集中して行います。

 

これを週に2回から3回、1日10回を2セットから3セット行うと骨盤が狭い日本人でも、おしりの筋肉をつけてくびれを強調するスタイルになれます。

 

骨盤が大きいということを気にされる方もいますが、くびれに影響すると考えると、スタイルを簡単によくできると考えることもできます。逆にくびれに影響するということを知っていれば、骨盤が狭くてもおしりを鍛えることでスタイルアップできるのです。

スポンサーリンク