股関節の痛み 原因 骨肉腫

股関節の痛みの原因には骨肉腫という病気もある

スポンサーリンク

股関節の痛みについては様々な疾患、また原因が考えられますが、骨肉腫という病気が隠されていることもあります。この病気の場合、どのような症状があるのか理解しておくことで、早期発見、治療を行うことができます。

 

【股関節の痛みの原因には骨肉腫ということもまれにある】
骨肉腫は骨に発生する悪性の腫瘍、つまりがんです。この病気は7割以上が20歳未満の若い世代に起るという病気ですが、国内では年間200名位という罹患率の低い稀な病気です。以前は不治の病といわれたのですが、現在は早期発見早期治療を行うことで不治の病ではなくなったといわれています。

 

膝が最も多く、次いで股関節周辺、肩関節周辺となっています。股関節の痛みの原因は運動のし過ぎによる炎症などが多いのですが、本当にごくわずか・・まれですが、骨肉腫ということもあるので、症状を理解しておくことも大切な事です。

 

【股関節の痛みの原因となる骨肉腫、その症状とは】
骨肉腫の症状は骨の痛みとして現れますが、その痛みは初期、それほど強くなく、運動していると何となく痛い、運動が終わってから痛いかな?と感じる程度です。

 

しかしこれが進行していくと歩行の際にも痛みが出てきますし、安静にしている時でもずきずきと痛みが出てきます。また腫れる、熱を持つということもあります。

 

スポンサーリンク

 

【骨肉腫による股関節の痛みの原因は骨の破壊】
この病気による股関節の痛みの原因は、骨の破壊です。進行した状態でレントゲンを撮ると、骨が破壊され一部は骨の外に腫瘍がみられることもあります。このまま治療しなければ腫瘍はドンドン大きくなり骨折のリスクも伴います。

 

若い世代、特に10代に多いということで新陳代謝がいい年代なので進行が早く、2週間で倍くらいの大きさになる事もあります。

 

【骨から転移することもあるため早期治療が欠かせない】
この病気の怖いところは、その他のガンと同様に転移するケースもあるということです。転移する先は肺が多く、その他の骨、肝臓、リンパ節などにも転移するケースがあります。

 

通常転移は2年以内にみられ、5年を経過すれば転移の可能性も低くなります。昔は不治の病といわれたこの病気も、現在、手術、抗がん剤等の医療分野の進化囲よって発見時に転移がなければ7割以上治すことができるといわれています。

 

若い世代で股関節の痛みの原因がわからない、ぶつけてもいないし何の理由もないという場合、骨肉腫という可能性を捨てきれません。早期に発見し治療を開始すれば命を落とす病気ではなくなっていますので、とにかくおかしいと思う時には検査を受けてほしいです。

スポンサーリンク