産後の症状 股関節痛 歩けなくなる

産後の症状として股関節痛で歩けなくなることがある

スポンサーリンク

産後の症状には様々なものがあります。精神的な面も肉体的な面もありますが、股関節痛で歩けなくなるほど痛みがあるという方もいます。どうして産後、このような股関節の症状が出てくるのでしょうか。

 

【股関節痛で歩けなくなる?産後の症状として知っておこう】
妊娠すると女性の身体はドンドン変わっていきます。見た目にも変化しますが、体の内部でもホルモンなどが変化しています。体内で赤ちゃんを育てていくために、また出産するために必要な変化を自動的に行ってくれています。

 

妊娠し出産を迎えるに当たり、骨盤付近の筋肉を緩める作用を持つホルモン、リラキシンが分泌されることで股関節付近が緩み股関節痛を感じる方も多いのですが、この歩けなくなるほどの痛みが出産後も継続してしまう女性も多いのです。

 

【出産後は骨盤が緩んでいる】
産後の症状として股関節痛で歩けなくなるほど痛みを感じるという女性も多いのですが、出産後は骨盤が最大に開いている状態で、その後、次第に戻っていくのですが、この戻りがうまくいかず不安定さが残ってしまうと股関節痛が起ります。

 

骨盤が安定していない状態なのでそれを股関節が支えようとしてその周囲の筋肉に痛みが走るのです。歩けなくなるほどの痛みを感じる場合、赤ちゃんのお世話にも支障をきたします。

 

スポンサーリンク

 

【出産後、骨盤の開きが戻るまで本来は安静にしてほしい】
産後は実家でゆっくりと赤ちゃんのお世話に専念することが、将来の女性の体を健康に保つ要因となるといいますが、最近は産婦人科が少なくなり実家でお産が出来ないという方も多くなっています。この場合、退院してすぐ、自宅で赤ちゃんのお世話、家事などを行うことになります。

 

産後の症状である骨盤の痛み、股関節の痛みなどを我慢しているうちに歩けなくなるほど痛みを感じるという方も多くなります。この時骨盤をしっかり固定できるように、骨盤ベルトなどを巻いておくことをお勧めします。

 

【骨盤が元の状態になるまで無理しないことが大切】
ここでしっかりと骨盤のゆがみや緩みを改善しておかないと、将来に腰痛持ちになってしまうということもあるので、骨盤痛を感じていなくても骨盤ベルトなどでしっかりと強制することが必要です。

 

産後の症状だからと放っておくと、元に戻る事が出来ないまま骨盤がかたまって、戻すことが出来なくなってしまいます。

 

産後の症状である股関節痛、また歩けなくなるほどの痛みを感じる事が無いように、できれば1ヶ月は安静に過ごすこと、出来なくても産後の症状である股関節痛を改善するために、骨盤ベルト、クッションなどを利用し姿勢をしっかり保つことも大切です。

スポンサーリンク