妊婦の症状 股関節痛 歩けなくなる

妊婦の症状としてみられる股関節痛で歩けなくなる原因とは

スポンサーリンク

妊娠中に起る様々な体の変化は時に辛いものもあります。妊婦の症状として股関節痛はポピュラーなトラブルです。しかし人によっては歩けなくなるほど辛い痛みが出てくることもあります。この痛みの原因を理解しましょう。

 

【妊婦の症状、妊娠初期の股関節痛とは】
妊婦の症状として股関節痛は誰もが経験するといわれる位にポピュラーな悩みであり、また中には歩けなくなるほどに痛みを感じる方も少なくありません。

 

妊娠初期は体の中が大きく変化する時期です。この時期は赤ちゃんがしっかり成長できるように子宮が大きくなってきます。子宮が大きくなると骨盤が圧迫されることでゆがみを生じることもあります。この時、骨盤と周りの筋肉なども共に歪んでいくため、股関節痛などが起きるのです。

 

【妊娠中期、股関節が痛くて歩けなくなる理由】
妊娠中期になるとお腹も見た目にわかるくらい大きくなっていきます。中期は体重がかなり増える時期ともいわれており、体重が重くなることで重心が前のめりになりやすく猫背になっている方もいます。

 

姿勢がゆがむと骨盤で身体全体を支えるような格好になるので、歩けなくなるほどの痛みが出ることもあります。妊婦の症状としては少なくないことですが、痛みが強い時には骨盤ベルトなどを利用し筋肉をサポートすることを考えましょう。

 

スポンサーリンク

 

【妊婦の症状・・・後期になるとより股関節痛が強くなる】
後期に入るとお腹がより大きくなり体重もぐっと増えるので、歩けなくなるほど股関節痛を感じるという妊婦さんも多くなります。初期から分泌されている骨盤周囲の筋肉を緩めるリラキシンが後期にも分泌されるため、骨盤のゆがみも強くなる時期です。

 

お産の前になるとより骨盤周囲の筋肉が緩みますし、骨も開きやすくなります。妊婦の症状として歩けなくなるほど股関節が痛いと感じるのもこの時期が最も多いでしょう。

 

【妊娠後期の股関節痛には猫のポーズなどストレッチ、ヨガが効果的】
体を無理なく伸ばすストレッチを行ったり、ヨガの猫のポーズなどを行うと骨盤や股関節の痛みも和らぎます。

 

四つん這いになり頭を下げ脱力し、息をゆっくり吐きつつ背中を猫のように丸めてなるべく高く持ち上げます。息をゆっくり吐きながらおしりを突きだすような格好で背中を逆にそらします。これを2回から3回、無理せず行いましょう。

 

妊婦の症状には股関節の痛みや違和感のほかにも、体型、また体の内部が徐々に変わっていくため様々なものがあります。しかしこれも歩けなくなるほどの股関節痛があるという場合も、赤ちゃんが生まれるまでの準備です。骨盤をベルトなどでサポートし骨盤に無理が無いようにしてあげるといいでしょう。スポンサーリンク