抱っこ 股関節痛 原因

抱っこで股関節痛が起こる原因とは?

スポンサーリンク

抱っこで股関節痛が起こる原因は、長時間の刺激に耐えられない筋肉の衰えや、体幹のバランスが崩れたことによる刺激の偏りが影響しています。
妊娠・出産で運動量が減った女性にとっては辛いものなので、早めに対処を考えるべきです。

 

 

【妊娠・出産から起こる股関節痛の原因】
妊娠中の股関節は、多くの負担を支えています。
出産によって一時的に負担が軽減されるものの、すぐに子供を抱っこしなければなりません。
産後は腹筋の筋力が低下するため、長時間の抱っこが大きな負担になってしまいます。
それが原因で股関節痛を訴える女性が増えています。

 

妊娠や出産で骨盤が不安定になっていることも、股関節痛が起こる原因です。
筋肉をアップさせることも大切ですが、忙しくて難しいという方も多いはず。
骨盤の矯正を行うことで、股関節痛が少しでも和らぐようであれば、抱っこが今までよりも楽になります。

 

スポンサーリンク

 

【サポートで股関節痛の原因が予防できる】
股関節痛が起こる原因は、抱っこをはじめとした負荷を支えきれず、体が悲鳴を上げているからではないでしょうか。
骨盤の歪みを修正し、筋力アップを日常的に実現できると、それだけでも痛みの原因から遠ざけることができます。

 

ただし、急に生活改善を行っても成果を感じるには時間が必要です。
可能であればサポーターを着用するなど、股関節痛の原因を和らげる措置を取りましょう。
体をサポートするアイテムを使えば、今までの辛さから解放される可能性が広がります。

 

 

【体の歪みを治すことも必要】
股関節痛の原因となる体の歪み。
整体や整形外科を受診すると、今後の生活にデメリットを大きくしない配慮が行えます。
柔道整復師や医師に相談することで、抱っこの仕方が悪いときには生活指導が行われます。

 

抱っこを日常的に行わなければならないのは仕方がありませんから、どうやって負荷がかかりにくい状況を作るかを一緒に考えることが大切です。

 

抱っこによって股関節に痛みが出る場合には、負荷のかけ方を考えた改善策を導き出しましょう。
自分では解決が難しい場合には整体や医療機関を利用して、これからの生活に必要なエッセンスを取り入れるようにしましょう。

スポンサーリンク