産後 股関節痛 原因

産後の辛い股関節痛、この原因っていったい何?

スポンサーリンク

妊娠、出産という大きな出来事を乗り越えて一人の命がこの世に誕生する・・・出産は本当に素晴らしい出来事です。ただ出産されてから産後、股関節痛などの症状に悩む女性も多いです。この原因には様々な事が考えられます。

 

【産後、股関節痛に悩まされる女性は多い】
妊娠、出産という人生の一大イベントを終えてママになった女性は、育児という先の長い経験を積んでいきます。出産で体力も精神も使い果たし、その上何もできない赤ちゃんのお世話をするというのは非常につらい事ですが、ご家族に協力してもらいつつ、気楽に育児していく方が楽しい育児になります。

 

しかし産後、股関節痛などの痛みに悩まされる方も多く、子育てに股関節の痛みを抱えてもういっぱいいっぱいという人も少なくないでしょう。

 

【産後、股関節痛が起る原因とはなにか?】
妊娠初期から産後3日くらいまで妊娠期の特別なホルモンであるリラキシンというホルモンが分泌されています。これはお産の時に赤ちゃんが骨盤を通りやすくするために骨盤周囲の靭帯や筋肉を緩めるホルモンです。

 

靭帯と筋肉に支えられている骨盤の靭帯が緩むと筋肉に負担が大きくなり、関節も大きなストレスを受けて股関節の痛みを感じるのです。

 

スポンサーリンク

 

【骨盤そのものが緩み股関節痛の原因となる】
骨盤底筋と呼ばれる骨盤の底にあるハンモック状の筋肉は、膀胱や子宮、腸などが下に下がらないように持ち上げています。お産によって緩んだ骨盤が閉まるまでには数カ月かかるといわれるのですが、古都版の底にある膜状になった筋肉、骨盤底筋が支えています。

 

若い人は昔の人よりも動くことが少なくなり、運動が減少しているため、骨盤底筋が弱くなっているといわれています。弱い骨盤底筋が内臓を支える事が出来ず、股関節に負担がかかると股関節痛につながります。

 

【産後、ホルモンの影響で身体がゆがみやすいことも原因】
産後はホルモンの影響を受けて関節が緩みやすい状態となっています。そのため、体が通常よりもゆがみやすくなっているのです。ホルモンバランスも乱れていますので、回復力も低下・・・しかも赤ちゃんをおんぶにだっこときつい状態となるので、骨盤がゆがんだまま定着するということも原因になります。

 

股関節痛がある場合、体が悲鳴を上げていると理解し、家族に頼る、お友達に頼る等、サポートしてもらう人をみつけることも必要です。

 

産後は体がしっかり元に戻っていない状態なので、股関節痛の原因となりますし、ホルモンバランスの乱れが原因でうつになるママもいます。家族に頼るということ、産後は体を休めるということもしっかり考えて生活したいものです。

スポンサーリンク