内転筋 つる 原因

内転筋がつる原因を知るだけでも予防に繋がる

スポンサーリンク

内転筋がつる原因はいくつか存在します。
知識として学ぶだけでも日常生活で予防ができます。
何度となく経験したことがある場合には、少しだけ気を付けて対策を講じましょう。
すると、再発の防止もできるでしょうし、日常的な不便さが感じられなくなるはずです。

 

 

【内転筋がつるタイミング】
内転筋がつるタイミングは、運動時に起こることが圧倒的に多いはず。
筋肉疲労によってつることが大多数です。
原因がわかっているだけに、オーバーワークにならないようなコントロールが必要です。
ただし、アスリートは限界スレスレまで刺激を与えることで成長を図るため、どうしても内転筋がつる原因となるようなタイミングが多くなります。

 

運動時につった感覚があると、たちまちパフォーマンスが悪くなります。
内転筋の痛みが原因で運動を続行できないことも珍しくありません。
歩くだけでも痛みを感じるため、つった状態が治るまでは安静にするのが一般的です。

 

スポンサーリンク

 

【脱水が影響することもある】
運動によって発汗し、水分が体から奪われてしまうと起こる脱水。
ミネラルのバランスが崩れてしまって体調を悪くすることがあります。
でも、こうした状態は内転筋がつる状況の原因を作ることもあるのです。

 

電解質を補給するというのは、運動のパフォーマンスを落とすだけでなく、人の機能にもメリットを与えます。
発汗によって失われた体を動かすために必要な成分は、外部から取り込むことで補うことができるのです。
運動をする時に水分摂取を抑制する教育がかつてはありましたが、現在ではプロ選手でも意識的に水分摂取を促すなど、内転筋のつる状態だけでなく、体が不調を起こす原因を作らないような配慮が成されているのです。

 

内転筋がつる状態は、運動による疲労が原因という場合もあれば、体内のバランスが崩れて起こることもあります。
運動自体は健康に良いものですが、過剰な負荷をかけて体調不良の原因を作らないようにしなければなりません。

スポンサーリンク