内転筋 肉離れ 全治期間

内転筋の肉離れをした時の全治期間

スポンサーリンク

内転筋の肉離れは、程度によって全治期間が異なります。
長く制限が設けられるような場合には、手術を視野に入れることもあります。
ここでは、内転筋を痛めてから、どのように完治へと向かうかを掘り下げていきます。

 

 

【日々の生活への配慮で全治期間が異なる】
内転筋の肉離れは、日々の生活でどのように負荷をかけることなく回復させるかがカギを握ります。
全治期間に関係するのは受傷したときの重症度です。
軽度であれば全治期間はまでは2週間あまり。
1ヶ月くらい治療に時間を要することもあります。
もっと重症な内転筋の肉離れだと、3ヶ月くらい全治期間までに時間を要することもあるのです。

 

日常生活に及ぶ不具合は、運動の習慣があるほど実感することが多いでしょう。
でも、この期間に無理をして医師の指導に反する行動を起こしてしまうと、治療期間が長くなるばかりか、完治が難しい状況に発展する可能性を秘めています。

 

日々の生活における配慮をどうするかは、日常生活動作に関する指導を受けるのがおすすめ。
運動以外に気を付けなければならない事項があるでしょうから、仕事や家事で内転筋の肉離れに悪影響を及ぼすリスクを避けなければなりません。

 

スポンサーリンク

 

【リハビリテーションも全治期間を左右する】
内転筋の肉離れは安静にすることが基本ですが、本来の動きを取り戻すためには、意図的に動かす時期が必要になります。
周囲の筋肉が衰えてしまうリスクもあるので、体のバランスを鑑みてリハビリテーションを提案されることがあります。

 

内転筋の肉離れに悪影響を及ぼさず、再発を起こさないような体作りができると、全治期間後の生活で感じる不便さの解消が期待できます。
医療機関によっては内転筋の肉離れを評価するだけでなく、積極的に介入するサービスもあるはずです。

 

内転筋の肉離れは重症度によって全治期間が異なります。
日常生活で気を付けるポイントを医師から指導してもらい、それを忠実に守って日々を送ることが大切です。
リハビリテーションを行うことで再発のリスクを低下させることもできます。

スポンサーリンク