股関節の痛み 症状 あぐらがかけなくなる

股関節の痛みとあぐらがかけなくなるこの症状はいったい?

スポンサーリンク

股関節は関節の中でも最も強く骨同士が連結されている場所ですが、この場所に何らかの障害があると股関節の痛み、またそのほかの症状に苦しみます。あぐらがかけなくなるという症状もあるようです。

 

【股関節の痛みであぐらがかけなくなる症状の原因は?】
あぐらがかけなくなるなどの症状を持っている方も多いのですが、その症状の原因には股関節の痛み、違和感があります。股関節の周りの筋肉が影響していることが原因の場合が多いのですが、なぜあぐらがかけなくなるのでしょうか。

 

股関節の痛みなどの症状がありあぐらがかけなくなる状態となっている場合、変形性股関節症や先天性股関節脱臼、また妊娠、出産によって股関節周辺の筋肉に負担がかかったなどの原因が考えられます。

 

【スポーツが原因ということもある】
サッカー、バスケット、野球などのスポーツ中、またその練習中に股関節を痛めてしまった時にもこうしたあぐらがかけなくなるといった症状が起ることがあります。

 

以前股関節に怪我をしたことがある、傷めたことがあるという方も、数年たって年齢を重ねてから股関節の痛み、あぐらがかけなくなるなどの症状を引き起こすこともあります。

 

スポンサーリンク

 

【股関節の痛みやあぐらをかけないなどの場合の改善方法とは】
股関節の痛みがありあぐらをかけない等がある場合、股関節から太もも内側の内転筋群、またおしり部分の殿筋の柔軟性を向上させること、動きを改善させることが必要となります。

 

股関節周囲の筋肉に柔軟性を持たせることで股関節の可動域が広がり、あぐらをかくこともできるようになっていきます。ただ、その他に疾患がありそれが原因となっている場合もありますので、まずは整形外科などにいって骨に異常がないかどうかを確認した方がいいでしょう。

 

【股関節周囲の筋肉の柔軟性を向上させるためには】
股関節周囲が痛いという時には、片方の膝を立てて片方は後方に広げ気味にしゃがみ、立てた膝の方に体重を少しずつかけていきます。少し痛いな・・・というくらいまで体重をかけるという動作を繰り返し行います。

 

こうしたストレッチ方法は整骨院や整体の治療院などで指導してくれるので、骨などに異常がない場合には、こうしたところでストレッチなどを習い行っていくといいでしょう。

 

股関節の痛みがあると立ったり座ったりという動作でも辛いという時があります。中には炎症を起こしているということもあるので、長く痛みがあるという場合、また発熱しているなどの際には一度整形外科などで診てもらう方が安心です。

スポンサーリンク