内転筋 肉離れ 治療期間

内転筋の肉離れを起こした場合の治療期間

スポンサーリンク

内転筋が肉離れを起こした時には治療期間が気になるところ。
運動を日常的にストレス発散や健康増進のために行っている人にとっては、我慢の時間が流れることになります。
ここでは、どれくらいで完治に至るかを紹介します。

 

 

【比較的頻度が少ない内転筋の肉離れ】
肉離れと聞くと、真っ先に思い浮かぶのがハムストリングス肉離れやふくらはぎに生じるものではないでしょうか。
でも、内転筋も野球やサッカー、テニスといった下半身を使ったもので生じることがあります。

 

一般的な肉離れよりは頻度が少ないものの、治療期間は重症度によって異なります。
まずは現状の評価を行ってもらい、正しい治療期間の呈示を受けるべきではないでしょうか。
そもそも筋肉の損傷ではなく、腱の損傷といった重症な怪我をしているかもしれないため、鑑別診断が治療を左右します。

 

スポンサーリンク

 

【自分で考える重症度】
内転筋は損傷状態によって自力で動かせるか否かが異なります。
つまり、自覚的な症状によって治療期間の目安が立てられます。
自力で動かすことで痛みが走ったとしても、運動自体はできるという状態では軽度の可能性があります。
ただし、痛みをかばって他の場所を酷使すると、かえって体のバランスを悪くして、二次的な被害を与えてしまうこともあります。

 

自分で考える重症度は、医師に相談するための見立てとして利用して、早々に医療機関で正しい診断を受けてください。
すると、日常生活に支障が少なくなるような手立てが伺えます。

 

 

【治療期間は重症度が関係する】
内転筋の痛みが完治するまでの治療期間は、重症度が大きく影響します。
早ければ2週間ほどで生活に及ぶ支障は少なくなるでしょうし、内転筋の損傷範囲が広ければ、月単位で治療期間がかかります。

 

数か月の治療期間が必要になることもあるので、医師の診察を受けて今後の見通しを立てましょう。
何となくのイメージではなく、エビデンスに基づいた今後を明確にするため、内転筋の肉離れに対する治療プランを伺いましょう。

 

内転筋の肉離れは損傷の度合いによって治療期間が異なります。
医師の診察から今後の見通しを立てることで、生活に及ぶ不具合に備えることができます。
早期から正しい評価を下してもらうと、その後の治療も適切に行われるでしょう。

スポンサーリンク