座骨神経痛 筋トレ 悪化

筋トレによって座骨神経痛が悪化

スポンサーリンク

座骨神経痛は、怪我や病気の中でも特に辛い症状である事が知られております。
しかしながら、座骨神経痛の痛みを緩和させる直接的な選択肢が少なく、ストレッチや筋トレのような時間のかかる保存療法が一般的となっております。

 

 

【座骨神経痛と筋トレ】
坐骨神経痛の痛みをこれ以上悪化させないためには、骨を守る為の筋肉でもあるインナーマッスルを筋トレするという事が必要になってきます。
コルセットやサポーターなどを使用して、外部からの衝撃から患部を守るというのももちろん重要になってきますが、天然のコルセットでもあるインナーマッスルを筋トレによって鍛える事によって、症状の悪化を食い止め、徐々に症状を緩和させていく効果があります。

 

スポンサーリンク

 

【座骨神経痛が筋トレによって悪化する可能性】
座骨神経痛を悪化させないために行う筋トレが、逆に座骨神経痛を悪化させてしまう可能性がある事はあまり知られておりません。
特に症状が現れる前と現れた後では筋肉そのものの強度が全然ちがっております。

 

その為、同じように筋トレをしてしまうと、どうしても痛みが生じやすく、悪化しやすくなってしまうのです。
特に病院でリハビリの先生の指導の下で行う場合と、色々なブログやホームページなどで見たものを実践する場合とでは、どうしてもリスクに大きな差が出てしまいます。

 

 

【インナーマッスルをトレーニングをはじめる時期】
また、座骨神経痛を緩和させるために筋トレを行う時には、スタートするタイミングも非常に重要になってきます。
まだ痛みが落ち着かない時などに、無理をしてトレーニングをしてしまうと、どうしても悪化してしまう可能性が高くなっておりますので注意するようにしてください。

 

座骨神経痛の痛みを緩和させるひとつの方法としてインナーマッスルをトレーニングするという選択肢がありますが、症状や痛みの出方、年齢、性別、筋肉の量などそれぞれ異なりますので、その人にあった方法でないと、どうしても悪化してしまう可能性がありますので、しっかりと専門の方から指導を受けながらチャレンジするようにしてください。

スポンサーリンク