座骨神経痛 激痛 対処

座骨神経痛が原因の激痛の対処方法

スポンサーリンク

あまりの痛さにうつ病の方が出るほど辛い病気の座骨神経痛ですが、痛みには波があり、比較的ストレスなく生活する事ができる時と、あまりの激痛で呼吸もままならない時などがあります。
そこでこちらでは、座骨神経痛が原因の激痛の対処方法をご紹介します。

 

 

【患部を冷やす】
座骨神経痛が原因の激痛の対処方法として多く用いられているのが、痛みの出た患部を氷などで冷やす方法です。
痛みの出ている部分は、緊張して神経が過敏となっているケースが殆どですので、とがっている神経を落ち着かせ、動きを鈍くする必要がありますので、患部を冷やすのは簡単で効果の高い対処法だと言えます。

 

 

【モーラステープを使用する】
座骨神経痛が原因の激痛の対処方法として効果があるのが湿布です。
湿布と言ってもモーラステープと呼ばれる湿布は非常に効果が強いのでおすすめの対処法だと言えます。
以前は整形外科で処方してもらうしか入手する手段はありませんでしたが、最近ではドラッグストアなどでも、少々割高になりますが購入する事ができるようになりました。
また、ジェネリックなども登場しており、非常に利用しやすい状況になっておりおすすめです。

 

スポンサーリンク

 

【呼吸法を取り入れる】
座骨神経痛の激痛を緩和させるためには、自律神経の副交感神経という部分の働きを促すのも効果的な対処方法になります。
副交感神経には自律神経の反対でもある身体をリラックスさせるといった効果がありますので、副交感神経の働きが活発になれば、激痛徐々に緩和していきます。

 

副交感神経の働きを活発にするためには、深く呼吸をする事が重要になります。
腹式呼吸を意識してしっかりと深く呼吸をする事によって、副交感神経の活動が活発になっていきます。
簡単に行う事ができる対処法ですので、座骨神経痛の激痛に耐えられなくなったときにおすすめです。

 

座骨神経痛が原因の激痛の対処方法は諸説ありますので、どれが正しいといった事はありません。
自分が試してみて、効果のあった座骨神経痛が原因の激痛の対処方法が正しい方法ですので、身長に見極めてください。

スポンサーリンク