座骨神経痛 痛み止め 効果

座骨神経痛の痛み止めの効果

スポンサーリンク

とっても痛い座骨神経痛の痛みは、日常生活に支障がでてしまうほど圧倒的な痛さを誇ります。
その為、痛み止めを服用して、痛みを緩和させている方が大半を占めております。
こちらのページでは、座骨神経痛の痛み止めの効果についての情報をご紹介します。

 

 

【座骨神経痛の痛み止めの効果】
座骨神経痛の痛み止めの効果は、座骨神経痛を完治させる事ではありません。
痛み止めですので、あくまで刹那的に痛みを止めるだけの効果しかありません。
効果としましては、急な痛みや炎症を抑えたり、痛みによってこわばった筋肉の緊張を和らげたり、血行を促したり、痛みで滞りがちな神経の働きを正常に戻すといった事が主な役割になります。

 

 

【座骨神経痛の痛み止めの役割】
風邪薬と違い、薬そのものもちろん、痛みが弱まるのですから痛み止めの効果は非常に重要なものである事は間違いありません。
しかしながら、あくまで激痛を緩和する程度だという事を理解しておく必要があります。
痛みが強い時には色々な衝撃などから過敏になっており、痛みを感じる量も強くなっております。

 

しかし、痛み止めを服用する事によって、痛みを感じる部分が鈍くなりますので、痛みの感じ方が弱くなり、全体的な痛みを緩和する事ができるといった事が期待できます。

 

スポンサーリンク

 

【座骨神経痛におすすめの薬】
座骨神経痛におすすめの薬として挙げられるのは、やはりロキソニンやボルタレンです。
これらは、他の怪我などにも利用される薬ですので、非常に汎用性が高く、利用される頻度も高い薬となっております。
最初にためして頂きたい薬なのですが、座骨神経痛が強かったり、中にはロキソニンやボルタレンが効きにくいという方もいます。
そういった方の場合には、担当医に相談し他の薬を出してもらうようにしてください。

 

ボルタレンやロキソニンなどの痛み止めの薬は、非常に効果がある事でも知られておりますが、服用する量を誤ってしまうと、胃などに負担をかけてしまいますので要注意です。
適量で効果が無い時には量を増やしても激的な効果は期待できませんので、薬の変更を検討してみてください。

スポンサーリンク