座骨神経痛 しびれ 期間

座骨神経痛でしびれている期間

スポンサーリンク

腰椎椎間板ヘルニアなどの症状に中で、特に重い症状が出やすいのが座骨神経痛になります。
この座骨神経痛は、レントゲンやMRIに映らないものが殆どですので、直接的な治療が少ないと言われております。
また、こちらの症状の特徴ととしてしびれなどの症状が出る事もあり、しびれの症状がきつい時などは、歩く事が困難になるケースもあり、つらい期間をすごさなければならなくなります。

 

 

【座骨神経痛でしびれている期間】
座骨神経痛でしびれている期間は人それぞれです。
一週間程度でしびれが取れる方もいますが、数年たっても症状が改善されない所かひどくなってしまうような症状の方もいます。
しびれの期間は、短期型と長期型があると言われておりますが、実際に症状が出てもその症状がどの程度続くのかは、専門医でもおおよそでしか分かりません。

 

スポンサーリンク

 

【しびれの期間がまちまちな理由】
座骨神経痛でしびれている期間がまちまちなのは、その方の症状であったり、体力、患部の場所、リハビリの内容などによって大きく差が出てしまうからです。
基本的にこの症状が出た時には、症状に合わせた治療法であったり、リハビリによって短い期間で治る可能性があります。
その為、座骨神経痛に強い病院、医師との出会いが完治までの期間に直結してくるのです。

 

 

【座骨神経痛は種類がある】
座骨神経痛は種類があり、それぞれ細部で症状が異なります。
腰部ヘルニアや脊柱管狭窄症が原因のものと、梨状筋症候群が原因のものとでは治療方法などが全然違ってしまいます。
また、最近では、ストレス性のものであったり、内臓疲労が原因の物もでておりますので、見極めが難しくなっております。

 

座骨神経痛でしびれている期間に関しては、同じ原因の方の完治までの道のりを参考にする事になりますが、基本的には、参考程度でしかありあませんので、いつ治るか心配になってしまう方も多いと思いますが、それよりも治療法やリハビリのマッチングを重要視する方がよほど重要になります。

スポンサーリンク