座骨神経痛 痛み 期間

座骨神経痛の痛みが続いている期間

スポンサーリンク

梨状筋症候群や腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などによって座骨神経痛が現れるのは有名ですが、最近では内臓疾患であったりストレスなどによってもしびれや痛みの強い座骨神経痛が現れるケースが増えて来ており、深刻な問題となっております。
人によって症状や期間は様々ですので、自分の座骨神経痛の痛みが続いている期間がどのくらいになるのかは、とても心配する方も多いと思います。

 

 

【座骨神経痛の痛みの期間】
座骨神経痛の痛みの期間は、原因となる怪我や病気によって異なります。
梨状筋症候群や腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症でも回復期間は異なりますし、当然ストレスや内臓疾患などが原因の物でも痛みが無くなるまでの期間は異なります。
痛みの量だけでなく完治までの期間が大きくことなりますので、患者さんのストレスになっております。

 

骨折や風邪、インフルエンザのように大よその期間が分かればある程度耐える事ができるのですが、何時までも続くと思ってしまう座骨神経痛の痛みは、あまりの辛さにうつ病を発症してしまう方などもおり、油断はできません。

 

スポンサーリンク

 

【梨状筋症候群と椎間板ヘルニアの期間】
もっとも多い梨状筋症候群が原因の座骨神経痛の場合には、梨状筋というお尻の筋肉の緊張をほぐすことによって、激痛を抑える事が可能です。
個人差はありますが、一ヵ月から三ケ月程度で痛みが治まる傾向があります。

 

これに対して腰椎椎間板ヘルニアの場合には、約半年から一年くらいかかってしまいますので、同じ症状でも完治までの道のりは異なります。
腰椎椎間板ヘルニアの中でも軽度のものの場合には、早くて二ヵ月から半年程度になりますので、初期段階で腰椎椎間板ヘルニアようのコルセットを確保するようにしてください。

 

痛みの強や症状が続く長さは原因によって異なるのはもちろんの事、周りの環境であったり、専門医の指導方針やリハビリの器具、クオリティによって大きく異なります。
腰椎椎間板ヘルニアに強い病院は各県にありますので、最初からそちらの病院を訪ねるというのもおすすめです。

スポンサーリンク