座骨神経痛 湿布 効果

座骨神経痛で使用する湿布の効果

スポンサーリンク

非常に長い期間、しびれや痛みの症状が現れる座骨神経痛は、痛みの質などがとても強い症状ですので、非常に辛い症状になっております。
温泉やお灸、整体、ストレッチなど色々な治療方法がありますが、誰もが利用しているのが湿布です。
そこでこちらのページでは、座骨神経痛の時の湿布の効果についてご紹介します。

 

 

【座骨神経痛で使用する湿布の効果】
座骨神経痛で使用する湿布は色々な種類がありますが、その時の症状に合わせて使用するのが一番です。
温めた方が痛みが治まる場合には温湿布がおすすめですし、冷やした方が痛みが治まるのでしたら冷湿布がおすすめです。
また、最近では効果が長時間続く事でも人気となっておりますモーラステープがおすすめです。

 

 

【モーラステープの問題点】
非常に効果のあるモーラステープですが、肌にも負担が強くなっております。
その為、どうしても肌荒れしやすくなってしまうといったデメリットもあります。
特に痛みが強い場合には、一般的な湿布よりも鎮痛効果の強いモーラステープを選択する事になると思いますがモーラステープを貼る場所にボディクリームを塗布しておくなどの下準備が必要になります。

 

また、モーラステープは太陽光にあたると変質し、患部が赤くはれ上がり非常に強いかゆみがでます。
太ももやふくらはぎに貼るような場合には、ズボンなどで太陽光を遮断するようにしてください。

 

スポンサーリンク

 

【座骨神経痛の痛みに効果的に貼るには】
湿布を効果的に貼るには患部だけでなく元となる場所にも貼る必要があります。
座骨神経痛が足首まででているような場合には、足首だけでなく痛みの原因となっている腰などに貼るのがおすすめです。
座骨神経痛は、元の部分から痛みが伝線しておりますので、痛みの強い部分だけでなく、元の部分に貼るのもおすすめです。

 

座骨神経痛は痛みの種類によって使用する種類が異なります。
その為、効果的な湿布の種類も貼る部位も異なってきます。
場合によってはお尻に貼るのもとても効果的となりますので、患部だけでなく症状に合わせてハリ分けてみてください。

スポンサーリンク