妊婦 座骨神経痛 歩けない 対処法

妊婦の方が座骨神経痛で歩けない時の対処法

スポンサーリンク

身重の妊婦さんは、普通に生活している時にも身体の色々な所に負担をかけております。
特に腰にはかなり大きな負担がかかっておりますので注意が必要になります。
その為、妊婦さんの中でも腰痛の症状が重い方は、腰椎椎間板ヘルニアであったり、座骨神経痛などによって歩けないような症状が現れるなどの深刻な問題を抱えている方も増えております。

 

 

【妊婦の方が座骨神経痛で歩けない原因】
妊婦の方が座骨神経痛で歩けない原因として考えられるのが、お腹に体重の比重が集まってしまい、これまでのような態勢では生活する事が出来なくなってしまった結果、腰に負担がかかってしまい、座骨神経痛を発症してしまうケースです。
妊娠していない時とは違い、座骨神経痛で歩けないような状況でも態勢を無理に代えるような事ができませんので、どうしても歩けない程の痛みと付き合っていかなければならなくなってしまいます。

 

 

【リラキシンという女性ホルモン】
妊婦の方が座骨神経痛で歩けない程の痛みのもう一つの原因がリラキシンという女性ホルモンになります。
このリラキシンという女性ホルモンは、赤ちゃんを出産する時に出やすいように子宮の靭帯を緩める効果のあるホルモンです。
このリラキシンという女性ホルモンの働きによって骨盤が開いてしまい、腰を痛めてしまったり、しびれや痛みが生じてしまうのです。

 

スポンサーリンク

 

【おすすめの対処法】
妊婦さんのおすすめの対処法は、軽い運動を行い血行を良くする事です。
同じ姿勢で長時間いる事の多い妊婦さんは、筋肉や神経が固まりやすくなっておりますのでこれを解消する対処法はかなりおすすめです。

 

また、ヨガやストレッチのような対処法なども同じ理由でおすすめです。
他にも副交感神経の働きを強めるためにリラックスできるような環境を作る方法であったり、患部を温めるような方法もおすすめです。

 

これ以上、腰に負担をかけないように重い荷物を持つ時には骨盤ベルトを装着するような方法も非常に有効になります。
また、椅子に深く腰掛けたり、背筋を伸ばすような対処法も非常に効果があります。

 

妊婦の方が座骨神経痛で歩けない時の対処法は複数ありますので、色々と自分で試してみて、痛みが緩和された対処法を選ぶのがベストです。
合わない対処法を無理して頑張ってしまうと症状が悪化する可能性がありますので注意してください。

スポンサーリンク