座骨神経痛 手術 入院期間

座骨神経痛の手術と入院期間

スポンサーリンク

座骨神経痛は、本当に辛い症状です。
あまりに辛すぎてストレスがたまり過食症になったり拒食症やうつ病などを発症してしまう方も大勢います。
座骨神経痛は保存療法が一般的なのですが、中には手術を選択される方もいらっしゃいます。
こちらのページでは、座骨神経痛の手術や入院期間の情報をご紹介させて頂きます。

 

 

【座骨神経痛の手術費用】
座骨神経痛の手術は、用いられる方法によって費用が大きく異なります。
最新式のレーザーを使用した物に関しては、40万円から50万円程度かかってしまいます。
高価な分、人体に負担が少なく日帰りで行う事ができますので、忙しいサラリーマンの方などから選ばれております。

 

また、MED法やPLED法と言われる手術の場合には、レーザーよりも安いのですが、それでも20万円から30万円程度はかかってしまいます。
手術が人体に及ぼす影響はもちろんの事、座骨神経痛の費用などもしっかりと見比べた上でチャレンジするようにしてください。

 

スポンサーリンク

 

【座骨神経痛の入院期間】
座骨神経痛は、基本的には保存療法で回復する事が見込まれております。
その為、入院期間はある程度自宅に帰っても生活する事ができる程度まで痛みやしびれの症状が治まるまでの期間という事になります。

 

症状の軽さや痛みの範囲などにもよりますが、平均して一ヵ月程度が目安となっております。
もちろん、入院期間は症状によって異なりますので、一ヵ月よりも早くなる事もありますし、逆に長くなる可能性もあります。

 

 

【手術後の入院期間】
保存療法ではなく、手術が終わってから退院するまでの入院期間は、選択した手法によって異なります。
レーザーの場合には、当日退院する事もかのうですが、MED法などはある程度、体調が落ち着くまでに一週間程度の入院は必要となってきます。

 

座骨神経痛の手術と入院期間には、色々な選択肢がありますので、自分の体調と医師のすすめなどによってベストの選択というものが変わってきますので、しっかりと選ぶようにしてください。

スポンサーリンク