男 骨盤 締める方法

男の人の骨盤をぐっと締める方法とは

スポンサーリンク

骨盤のゆがみは姿勢を悪くする以外にも、内臓疾患が起ったり、背中や肩のこり、痛み、腰痛の元になる事もあります。男性にもこうしたゆがみや緩みを生じている方がいますが、この場合、締める方法とはどのような事があるでしょうか。

 

【男性でも骨盤が緩んでいることが多い?】
下腹に肉が付きやすい、お腹周りやおしりが大きいなどの悩みを持っている男性が多くなっています。運動を行う時間が根本的に少なくなっている現代、昔のお子さんと今のお子さんを比べると、体型にも違いがあります。

 

平均身長こそ高くなっていますが、肥満児の比率も高くなっていて、小さい頃から野山を駆け回ったなどの経験がなく、室内で遊ぶことが多くなったお子さんたちは、基本的に体力も筋力も減少しています。

 

【大人になってからお腹周りがだらしないことに気付く男性たち】
男性もモデルさんなどは常に引きしまった体を維持するために、日々、トレーニングを行っています。特に骨盤が緩んだりすると、だらしないおしりになってしまうので、しっかり骨盤のトレーニングを行っています。

 

最近注目されるのが、骨盤スクワットという骨盤を締める方法となる運動です。骨盤を締める方法としてスクワットを行うことで理想的な引き締まったおしりになります。

 

スポンサーリンク

 

【1日1回で効果あり、スクワットでしっかり腰回りを締める方法】
基本的にこのスクワットは1回3分、1日1回でいいという簡単トレーニングです。足を肩幅開き立って、つま先を外側に向けられるだけ向けます。

 

その状態で腰をじっくり45秒かけて落とせるところまで落とします。戻すときにもゆっくり、この時は15秒くらいで戻します。

 

今度はつま先を出来る限り内側に向けて、その状態で45秒かけて腰を落とし15秒かけて戻します。最後につま先を内側に向けたまま肩幅と同じくらいに足を閉じ、15秒かけて体を前に倒してゆっくり戻すという運動です。

 

【男性にも高い効果が期待できる骨盤を締める方法】
この方法は男性にも高い効果が期待できる方法で、骨盤を締めて開くという運動を行うトレーニングです。

 

場所も時間も問わず簡単にできますし、苦しいトレーニングではないので継続的にできるトレーニングになると思います。

 

腰回り、お腹周りがだらしない時にはこの周囲を締める方法を行うことで、きりっと引き締まった下腹部、腰回りを維持できますし、締める方法のトレーニングを行うことで、理想的な体型に近づくことができます。

スポンサーリンク