座骨神経痛 労災

座骨神経痛で労災になる条件

スポンサーリンク

仕事中に重い荷物を持ったりした時に、腰椎椎間板ヘルニアなどになり、座骨神経痛の症状がでて働けなくなるといったケースもあります。
こういった時には労災が適用されるかどうかで、休養中の生活が全く違ってきます。

 

 

【腰椎椎間板ヘルニアでの労災】
椎間板ヘルニアでの座骨神経痛の労災は、腰痛の労災認定基準によって決められております。
腰痛の認定基準の中では、業務中のぎっくり腰や医学的に業務中の腰痛によって基礎疾患を悪化させた場合に認められるようになっております。
その為、業務中に腰痛になり、MRIやレントゲンによって腰椎椎間板ヘルニアなどと診断され、座骨神経痛がある事が認められれば労災扱いになります。

 

 

【座骨神経痛の中でも労災と認められない物】
座骨神経痛の中でも認められない物もあります。
休みの日に車で事故に巻き込まれた場合であったり、休みの日に出掛けていて椎間板ヘルニアになり、その椎間板ヘルニアによって生じた座骨神経痛が業務が理由と認められないようなケースは労災と認められないケースもあります。
労働基準監督署が、業務上の事由だと認められないケースに関しては労災扱いになりません。

 

スポンサーリンク

 

【慢性的な腰痛に要注意】
例えば重い荷物を持った時に腰椎椎間板ヘルニアを発症した場合などは、審査に通りやすいのですが、慢性的な腰痛のようなケースでは、どうしても業務内が理由と判断されにくいので、労災扱いになりにくくなっております。

 

つまり重たい荷物を持った途端に座骨神経痛になった場合には、審査に通りやすいのですが、長年腰痛を抱えているようなケースの場合には、判断が難しく、時には審査に通過しない可能性もあるという事になります。

 

腰痛の中でもぎっくり腰とは違い、座骨神経痛は取扱いが難しくなっておりますので、誰もが審査に通るわけではありません。
仕事が原因だとしたら、座骨神経痛が起こった状況などをしっかりと説明できるように分かりやすくまとめておく事が必要になります。

スポンサーリンク