座骨神経痛 電気治療 改善

座骨神経痛の痛みは電気治療で改善する

スポンサーリンク

よく接骨院などにおいてある電気治療用のマシンは、腰痛や肩こり、捻挫などだけでなく腰椎椎間板ヘルニアからくる座骨神経痛で改善する効果がある事でも知られております。
しかしながら電気治療自体あまり詳しくない方も多いので、こちらのページでは、座骨神経痛が電気治療によってなぜ改善するのかの情報をご紹介します。

 

 

【電気治療の目的と効果】
そもそも電気治療はどのような目的で行われているのかというと、筋肉に直接影響する電気を流す事によって筋肉を無理矢理動かす事が出来る習性を利用して、筋肉をほぐしたり、血行促進したり、痛みを軽減するといった効果があります。
使用するマシンによっても異なりますが、自然治癒力の向上や炎症の抑制、痛みの除去、筋肉の弛緩、凝りの改善、筋力の増強、神経の刺激などが期待できます。

 

座骨神経痛の痛みは、筋肉が痛みで緊張して凝り固まっている状態ですので、自然治癒力の向上や炎症の抑制、痛みの除去、筋肉の弛緩、凝りの改善、筋力の増強などの効果によって改善する可能性があります。

 

スポンサーリンク

 

【内科的疾患が原因の座骨神経痛の痛み】
内科的疾患が原因の座骨神経痛の痛みは、電気治療だけでは改善するのが難しいと言われております。
また、血液や神経に深刻なダメージがあるものであったり、筋肉の奥の方に浸透してしまっている痛みに関しても効果は薄いと言われております。

 

しかしながら、筋肉内部の神経が圧迫されるような痛みに関しては、非常に効果があります。
改善するか改善しないかは、座骨神経痛の痛みの原因によって変わってきます。
また、電気治療と温熱療法、ストレッチなどを組み合わせる事によって、相互効果などが期待されております。

 

座骨神経痛の痛みは電気治療で改善するかどうかは、元となる原因や状況によって変化してきます。
座骨神経痛の初期の段階では安静にしている方が良いかも知れませんが、ある程度、症状が落ち着いてきたら電気による治療も視野に入れると、より痛みが緩和する事が期待できます。

スポンサーリンク