座骨神経痛 手術費用

座骨神経痛の手術費用

スポンサーリンク

腰椎椎間板ヘルニアなどが原因で発症する座骨神経痛は、怪我や病気の中でも特に痛みが激しく、また痛みが続く期間が長い事で知られております。
一般的な座骨神経痛は三ケ月を目安に徐々に痛みが軽減されて行くのですが、三ケ月も痛みに耐えられないという方や、仕事の関係で直ぐに完治しなければいけない方は手術を選択しなるべく早く完治させたいと考えます。
そこでこちらでは座骨神経痛の手術費用についての情報をご紹介します。

 

 

【座骨神経痛の手術費用】
座骨神経痛の手術費用は選ぶ手術の手法によって大きく異なります。
日帰りが可能なレーザーを用いた手術の場合には40万円から50万円が相場となっております。
これはレーザーの手術が保険適応外になっているために、どうしても高額になってしまうといった理由があります。
保険が適用されるMED法の場合には、自己負担額をレーザーよりも抑える事ができます。

 

しかしながら、それでも20万円から30万円程度はかかってしまう事になります。
また、同じくPELD法と呼ばれている手術の方法も20万円から30万円程度かかりますので、決して座骨神経痛の手術費用はリーズナブルな物ではありません。
それぞれの手術方法は一長一短がありますのでしっかりと見比べて選ぶ必要があります。

 

スポンサーリンク

 

【ブロック注射の費用】
手術ではなく保存療法を選ぶといった方の場合には、ブロック注射などで痛みを抑える方法をとるようになります。
ブロック注射は、座骨神経痛の手術費用よりもリーズナブルになっているのですが、局部麻酔になりますのでお値段はそこまでリーズナブルではありません。

 

1回6,000円程度の費用がかかり、これを週に1回程度行うようになっております。
また、ブロック注射をしたからと言って完治するわけではありませんので、どちらを選ぶかはとても難しい所だと思います。

 

座骨神経痛の手術費用は、病院によっても異なりますし、症状によっても選ぶ選択肢が変わってくるので一概には言えません。
しかしながら、悪魔のような激痛から解放されるメリットと比べると、決して高過ぎるといった事はありません。
よく座骨神経痛の手術費用を検討して選択してください。

スポンサーリンク