座骨神経痛 痛み 期間

座骨神経痛の痛みが続く期間

スポンサーリンク

毎日いつ襲ってくるかもわからない座骨神経痛の痛みは、日常生活において過度のストレスを与えてきます。
座骨神経痛の初期は痛みが常に続いておりますが、徐々に痛い時間や強さが少なくなっていき、最終的には痛くなくなるのですが、何時まで痛い期間が続くのか心配になってしまう方も多いと思います。

 

 

【座骨神経痛の痛みが続く期間】
座骨神経痛の痛みが続く期間は、症状が現れた原因によって異なります。
痛みが続いている時間の長さからカテゴライズすると長期型と短期型があり、長期型の場合には、半年から一年程度の時間がかかるのに対して、短期型の場合には、一ヵ月から三ケ月程度で症状が落ち着いてきます。

 

また、完治までの期間は、インナーマッスルの量であったり、症状の重さ、体重などによって前後しますので、今回紹介した期間はあくまで目安になります。

 

 

【梨状筋症候群が原因の場合】
梨状筋症候群は、お尻の筋肉が緊張することで座骨神経痛を発症するタイプなのですが、この梨状筋は比較的、筋肉の緊張をほぐしやすかったり、ストレッチなどで伸ばし安い部位になりますので、短期間で症状が軽くなります。
その為、治療期間は一ヵ月から三ケ月が平均となっております。

 

スポンサーリンク

 

【腰椎椎間板ヘルニアの場合】
腰椎椎間板ヘルニアの場合には、マクロファージの働きにより自然治癒しますが、痛みが治まるまでに時間がかかる事がわかっております。
その為、腰椎椎間板ヘルニアが原因の座骨神経痛の場合には、症状によって二ヵ月から半年程度はかかってしまうようになっているのです。

 

 

【年齢による完治までの時間】
基本的には、ご年配の方よりも若い方の方が新陳代謝などが活発に行われておりますので、痛みが治まるまでにかかる時間は短くなっております。
特に筋肉量の多い方は治りが早くなっております。

 

座骨神経痛の痛みが取れるまでの期間は、元となる原因や年齢、正しい治療法やリハビリ、ストレッチが出来ているかどうかによっても異なります。
また、内臓系の疾患の場合や感染症の場合などは、そちらの症状の治療が終わらないと完治しませんので少々時間がかかる可能性があります。

スポンサーリンク