座骨神経痛 治る 期間

座骨神経痛が治るまでの期間

スポンサーリンク

キリキリ、ズキズキと虫歯のような痛みが腰から足先にかけて這うように広がる座骨神経痛は、骨折など一般的な怪我と比べる事ができない程に強い痛みをもった症状が現れます。
一刻もこの痛みから解放されたい。
一体いつになったら治るの?とヤキモキされている方も多いと思いますので、こちらのページでは、座骨神経痛が治るまでの期間についての情報をご紹介していきます。

 

 

【座骨神経痛が治るまでの期間】
座骨神経痛が治るまでの期間には、短期型と長期型の二つのパターンがあります。
長期型は半年から1年程度が目安となり、短期型は1ヵ月から3ヵ月程度が座骨神経痛が治るまでの期間となっております。
こちらの期間はあくまで目安ですので、安静にする事ができているのかや、自分の症状に理解ある医師の指導を受ける事ができたのか、元々の筋力や体力、体重によって座骨神経痛が治るまでの期間は差が出てきますので、あくまで目安にお考えください。

 

スポンサーリンク

 

【腰椎椎間板ヘルニアによる痛み】
腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症が原因の座骨神経痛が治るまでの期間は長期型に分類されます。
痛みの元となっている部位が緊張しておりますので、この緊張を取るのに時間がかかるためです。
普段よく使用する部位ですので中々劇的には回復せず、どうしても長期の治療が必要になってしまうため座骨神経痛が治るまでの期間は半年から一年程度かかってしまうのです。

 

 

【梨状筋症候群が原因の痛み】
梨状筋症候群が原因の痛みに関しては、腰椎椎間板ヘルニアよりも短い時間で完治する傾向があります。
梨状筋というお尻の筋肉が過緊張をほぐしたり伸ばしたりすることで、比較的症状が改善しやすくなっておりますので、早い方で1ヵ月程度とかなり座骨神経痛が治るまでの期間は短くなっております。

 

痛みやしびれの症状が治まる時期というものは、症状によって人それぞれですが、しっかりとセルフケアを行ったり、インナーマッスルを鍛える事によって痛みが劇的に改善します。
痛みが強い時期に無理をすると悪化してしまいますが、痛みが落ち着いたらぜひトレーニングを初めてください。

スポンサーリンク