座骨神経痛 病院 何科

座骨神経痛になったら何科の病院に行けばよいか

スポンサーリンク

座骨神経痛は、ある日突然なんの前触れもなく訪れます。
急に激しい痛みやしびれが患部を襲い歩く事はもちろんの事、立ちあがる事すらできなくなってしまいます。
危機的状況だからこそ、しっかりと診察してもらい、治療してもらう所は選ばなければ行けません。
そこでこちらのページでは、座骨神経痛になったら何科の病院に行けばよいかなどについての情報をご紹介していきます。

 

 

【整形外科を選択すべき症状】
症状が出始めた原因によって何科の病院に行けば良いのかは変わってきます。
例えば急に激しい運動をした時や重い物を持った時などに症状が出た場合には、腰椎椎間板ヘルニア意外に骨折や脱臼などの可能性がありますので整形外科に行くようにしてください。

 

急激にしびれや痛みがあるわけではないけど、徐々に痛みやしびれが強くなってくるような場合には、何科の病院に行くか頭を悩ませると思いますが、基本的には大学病院などの大きな所の整形外科が正しい選択になります。

 

スポンサーリンク

 

【整形外科以外を選択すべき症状】
座骨神経痛になったら何科の病院に行けばよいかで頭を悩ませる要因のひとつとして挙げられるのが、整形外科以外の選択肢です。
例えば事故や外傷などが思い当たらないのに座骨神経痛の症状が出ている場合には、整形外科では手に負えません。

 

そういった場合には、何科を受診したら良いかを尋ねるのもありですが、感染症や内臓異常、悪性腫瘍の可能性が高くなっておりますので、内科で専門的な検査が必要になると思います。
また、ヘルペスウィルスなどで水泡などの症状が現れているような場合には、間違いなく感染症になりますので何科の病院か迷うことなく内科を選択してください。

 

座骨神経痛になったら何科の病院に行けばよいかというのはとても深刻な問題になります。
特に座骨神経痛の症状が強くでている時には歩き回ることが出来ませんので一発で決めたい所だと言えます。
座骨神経痛になったら何科の病院に行けばよいかわからない場合には、大学病院などの相談窓口でアドバイスを貰うのもおすすめです。

スポンサーリンク