座骨神経痛 仰向け 痛い 対処

仰向けに寝ると痛い座骨神経痛の対処法

スポンサーリンク

夜に眠る時でさえ心が休まる事のない座骨神経痛の痛みは、うつ病になる方も珍しくないほど、肉体的、精神的なストレスを感じてしまいます。
痛みをこらえながらもようやく寝付いたと思ったら、直ぐに目覚めてしまう。
そんな時には寝方を変えてみるのもおすすめです。
こちらのページでは、仰向けに寝ると痛い座骨神経痛の対処法についてご紹介します。

 

 

【仰向けに寝ると痛い座骨神経痛の対処法】
座骨神経痛の痛みが出る部位や強さなどは人によって異なりますので、これが正しい仰向けに寝ると痛い座骨神経痛の対処法だと断言する事ができる物はありませんが、多くの方が取り入れている仰向けに寝ると痛い座骨神経痛の対処法として挙げられるんが、横向きで寝ながら、なおかつ片脚を抱き枕に乗せて固定する対処法です。

 

横向きだけですと、腰がねじり過ぎて痛みが出てしまう方も多いのですが、抱き枕の上に足を乗せることによって、丁度良い高さに足を固定する事ができるので、痛みが少なく仰向けに寝ると痛い座骨神経痛の対処法として選ばれております。
抱き枕の高さをバスタオルなどで調整する事によって、より痛みを緩和する対処法になります。

 

スポンサーリンク

 

【それでも痛みが強い場合には】
横向きに寝ながら抱き枕を使用しても痛いのが続く場合には、ロキソニンやボルタレンのような痛み止めと、モーラステープのような湿布と合わせて仰向けに寝ると痛い座骨神経痛の対処法を行う事もポイントになります。

 

一度深く寝入る事ができれば、ある程度まとまった睡眠を取る事ができると思います。
とにかく座骨神経痛の時には体力や精神力を回復する事が重要になりますので、安眠はとても重要になってきますので、質の高い睡眠を維持する事ができるように努力を惜しまないでください。

 

仰向けに寝ると痛いようなケースは、安心して睡眠を取るのが難しいケースとなっておりますので、早い段階で対策を練る必要があります。
自分にとって楽な姿勢を試行錯誤しながらみつけ、安心して眠る事ができるように努力してください。

スポンサーリンク