骨盤ベルト ずり上がる原因

骨盤ベルトがずり上がる原因を教えて!

スポンサーリンク

骨盤のゆがみや緩みを調整ししっかりと元の位置に戻してあげると、腰痛や背中の痛み、肩こりなども改善されることが多いです。しかし骨盤を締めるための骨盤ベルトは非常にずれやすいです。ずり上がる原因を理解するとずり上がりを防止できます。

 

【腰痛にも体型維持にも利用する骨盤ベルトがずれる原因とは】
腰痛にも体型維持にも利用する骨盤ベルト、しっかりと骨盤を支えてくれるので腰が痛い人にとっては救いのグッズとなります。しかしこのベルト、ずり上がりに悩む方も多いです。

 

ずり上がる原因としては、サイズがあっていないということが一つ、また装着位置が間違っていることがずり上がる原因となっていることが多いようです。

 

【サイズがあっていないとずり上がる原因となる】
骨盤ベルトにはいくつかのサイズがありますが、体型を細くしたいと思っている方などは、ワンサイズきついサイズを買ってしまったりします。すると座った時などにベルトが持ち上がる等の要因となるのです。

 

骨盤のベルトは太ももの骨の付け根にあたる大転子という部分をしっかり締め付けできていないと固定されずにずれる要因となります。

 

スポンサーリンク

 

【ずり上がる原因を理解し正しい装着をすることが大切】
自分に合ったサイズの骨盤ベルトを選び、正しい位置に装着することがずり上がる原因に対して対応できます。骨盤のベルトは、きつければいいということではなく、ダイエットにしても、正しい位置に装着し骨盤の位置を正常な位置に持っていくことがポイントです。

 

骨盤ベルトが上にずり上がるという時にはきつすぎることが考えられるので、座ったままでベルトを緩めて、立ってみてそれからきつくない程度に締め直すといいと思います。

 

【骨盤のベルトを付けて楽と感じれば正しい位置】
骨盤のベルトは正しい位置にしっかりと適切な強さで装着できていれば、骨盤が正しい位置になり、苦しいというよりも引き締まっていると感じるはずです。

 

きつく締めればそれだけ痩せるということもなく、細くするということが目的ではありません。骨盤の位置が正常な状態になる事で、周りの筋肉なども適切な位置に戻り、美しいスタイルをキープできるのです。

 

骨盤ベルトは腰痛がある方にとっても、スタイルを美しく保ちたいという人にも正しく装着すればずり上がる事もなく気持ちよく装着できます。ずり上がる原因が何かわかったら、サイズを交換する、また正しい位置を把握するなど考えて装着してみるといいでしょう。

スポンサーリンク