座骨神経痛 原因 肥満

肥満が原因で座骨神経痛になる

スポンサーリンク

親知らずが虫歯になったようなズキズキとした痛みが走る座骨神経痛ですが、椎間板ヘルニアなど色々な原因によって症状が現れますので、何が原因なのかをしっかりと把握しておく必要があります。
最近では座骨神経痛の原因の中に肥満と理由が多くなっており、少し太り気味の方はより注意が必要になって来ております。

 

 

【肥満が原因の座骨神経痛】
肥満は座骨神経痛の原因になり得ます。
腰椎椎間板ヘルニアになる原因は色々とありますが、そのほとんどが腰に筋力以上の負担がかかる事が原因で発症します。
腰の負担は重い荷物をもったり、激しい運動をするだけではなく、日頃の身体を支えている負荷によっても発症します。

 

身体を支えている負荷は、筋力と体重の比率によって決まってきますので、体重が重ければ重いほど、筋力が必要となってきます。
筋力が足りなければ、肥満体の方が座骨神経痛を発症しやすくなるのは明白です。
その為、座骨神経痛の原因の中に肥満があげられているのです。

 

スポンサーリンク

 

【座骨神経痛中の肥満対策】
座骨神経痛が発症している時には、走る事はもちろんの事、運動する事ができません。
しかしながら肥満が原因の場合には、少しでも肥満の状態から体脂肪を減らす必要があります。
運動が出来ないのであれば食事による肥満解消がもとめられるようになります。
代謝を上げるためのメニューであったり、ローカロリーながら腹持ちのよいメニューなどを好んで食べ続ける事で、時間はかかりますが、一定の効果を見込めます。

 

あまりに症状が痛いような場合には、運動する事もできなければ腹筋などの筋トレも難しいと思います。
痛みが少なくなってきたタイミングで無理のない程度のウォーキングなどを取り入れる事で、無理のない程度に有酸素運動を行う事ができるようになります。

 

また、ストレッチなどを取り入れる事によって、血行を良くし、体重の増加を防止したり、座骨神経痛の痛みを軽減する事ができますので、合わせてチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク