座骨神経痛 夜 痛い 原因

座骨神経痛の原因とは?夜痛いと思う方に適している対処法も

スポンサーリンク

夜になったときに強い痛みが生じる座骨神経痛に頭を悩ませている方も少なくないはずです。
何が原因で座骨神経痛 になるのか、そして悪化してしまう理由やどういった改善方法があるのかといった点についてここでは解説していきます。

 

 

【座骨神経痛 の原因は様々】
座骨神経痛の原因は決して一つこれだというものではなく、多岐渡っているのが事実です。
無理な運動をしてしまった、生活習慣が関係している、肥満であるといったところが代表的な原因となります。

 

痛いと自覚している方はやはり改善を目指すのなら、肥満状態を解消していく必要はあるものです。
肥満状態であると痛いと思う座骨神経痛の症状改善は難しく、ご自身で肥満状態にあると自覚されているのならなおのこと意識した方が良いでしょう。

 

 

【神経への負担が座骨神経痛 悪化の理由の根底】
夜になったときに思わず痛いと声を出してしまうほどの耐えられないだけの痛みが生じてしまうのは、神経が圧迫されて神経への負担が生じてしまっていることです。
神経が圧迫されることでしびれや痛いと思う症状が表面化することは往々にしてあります。

 

そして、神経以外にも筋肉に損傷があるのが炎症を引き起こす理由になる場合もない訳ではありません。
いくら痛いと思っても自己流の治療を進めてしまうのは危険となるため、やはり専門的な治療を受けて症状を改善していくべきです。

 

スポンサーリンク

 

【夜寝るときの姿勢に要注目】
人それぞれで楽な姿勢や楽な寝方は変わっていくものです。
夜寝るときに痛いと思う座骨神経痛にお悩みであるのなら、基本となるのはやはり楽な寝方をすることでしょう。
おすすめの寝方としては横向きです。

 

横向きなら圧迫が少なくなるとともに、痛いと思っても楽な状態に微調整がしやすいのが大きいといえます。
そしておすすめできない寝方はうつ伏せです。
これは腰が反る形になって負担が多くなってしまうからです。

 

 

【横向きで夜寝る際のポイントはコレ】
座骨神経痛の痛みを和らげるための寝方の基本となるのは横向きです。
痛みが出ている側の足を上側にし、状態は軽く丸めるようにしましょう。
膝も同様に軽く曲げ、右太ももと左太ももの間に座布団やバスタオルをまるめて置くのも効果的です。
原因を根本から解決するには至らないものの、原因を解決すると同時に原因を知って悪化させないように工夫するのも大切です。

 

人間は1日の中でおよそ1/4が睡眠にあてられます。
夜寝る間にずっと神経を圧迫させてしまうと、夜寝るときの痛みの苦痛は大きくなるものです。
原因となる点を把握し、適切な対応をしていけば、痛みを和らげるのは可能となります。

スポンサーリンク