座骨神経痛 座椅子 座り方

座骨神経痛の痛みを軽減する座り方と座椅子の活用の是非

スポンサーリンク

座骨神経痛の痛みに頭を抱えている方は、やはり座り方について考えていかないといけません。
痛みを軽減するための大きなポイントになるとともに、改善にも繋がっていきます。
そして座椅子を上手に活用する点も見逃せません。

 

 

【正しい椅子の座り方の基本を頭に入れよう】
座骨神経痛の方が椅子に座るにあたって意識すべきは骨盤の位置、股関節の角度、坐骨の左右のバランスです。
筋肉のバランスが崩れてしまうと、悪化させてしまう原因になります。
座骨神経痛の方は均一にバランスをとる座り方を意識すると良いでしょう。

 

また、椅子の座り方では背中を丸めず、背筋を伸ばして背もたれに背中をくっつけるようにすれば問題ありません。

 

 

【床の座り方の基本とは】
床に座るにあたっても、座骨神経痛の方は意識しないといけないことがあります。
横座りやペタン座りはおすすめできません。
これは腰に負担がかかってしまうからです。
床に座るのなら座椅子を活用するのが良いでしょう。

 

座椅子を活用した方が腰への負担がかからないのは理解できるでしょう。
床に座る習慣がついてしまっていると、自然と座骨神経痛も悪化しやすくなります。
座椅子を活用する点を頭に入れて、座椅子の購入を検討するのが良いでしょう。
座椅子はそう高価なものではなく、坐骨神経痛の痛みを軽減するために座椅子は役立ちます。

 

スポンサーリンク

 

【正座の座り方での注意点とは】
正座の座り方での注意点とはなるのは、両足や両親指を重ねないことです。
両足の親指を付けて、両足のかかとくっつけるのも大切になります。
そして腰を入れるようにし、かかとの上にお尻をのせるようにするのが良いでしょう。

 

 

【正座は最も楽な座り方】
基本的には床で座る場合は正座が最も楽な座り方になります。
重心が安定するとともに、前後左右に体重が偏らないというメリットが大きいです。
ただ、痛みの場所によっては正座にすると症状が悪化する可能性があるのを忘れてはいけません。

 

座骨神経痛の方は座椅子を活用し、どういう風に座るのかも重要となります。
少しでも座骨神経痛の痛みを軽減するためにはどうするかを考えるのが大切で、根本からの改善にも繋がっていくといえるでしょう。

スポンサーリンク