座骨神経痛 原因 帯状疱疹

座骨神経痛と帯状疱疹は密接な関係とは?原因と注意点に要注目

スポンサーリンク

座骨神経痛は原因がハッキリ分かるケースもあれば、原因が分からないケースもあるのが事実です。
そして関節や骨に異常がない場合の座骨神経痛なら、帯状疱疹が原因の可能性もあり、座骨神経痛と帯状疱疹の関係について知るようにすべきといえます。

 

 

【帯状疱疹とは】
帯状疱疹は、人間に感染するヘルペスウイルスの種類の一つです。
口唇ヘルペス、性器ヘルペス、水ぼうそうなどが代表的な病気になります。
帯状疱疹にかかってしまうと、ウイルスが原因となって水泡や斑点ができるとともに、強い不快な痛みが生じます。
皮膚症状が完治した場合も、神経を痛めつけるからこそ、慢性的な座骨神経痛となってしまいます。

 

 

【自然治癒を待つよりも病院へ】
帯状疱疹にかかっているのなら、自然治癒を待つよりも急いで病院を受診するようにすべきです。
原因となるウイルスの増殖を抑制するために、抗ウイルス薬を使うのが重要になります。
重篤化してしまうと、座骨神経痛も重症化する理由に繋がってしまうため、早めの対応が肝心と覚えておいた方が良いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

【皮膚症状が落ち着いても油断禁物】
帯状疱疹は適切な治療をしていけば、皮膚症状は落ち着いていきます。
そして一段落とはなるものの、ここで油断してはいけません。
今度は座骨神経痛とどう向き合っていくのかという問題となります。
根本的な解決を目指すのはもちろん、痛みが強い場合は市販薬を使用して痛みを軽減するといった対応も必要になるでしょう。

 

 

【根本的な解決が必要になる座骨神経痛】
座骨神経痛となる原因は多岐に渡っており、一筋縄ではいかない厄介なものであるのは間違いありません。
原因がどこにあるのかを明確にするとともに、根本的な解決をしていかないとこれから先ずっと頭を悩ませる理由になってしまうからこそ放置すべきではないといえます。

 

座骨神経痛と帯状疱疹は密接な関係にあり、どちらも放置するのは厳禁です。
いち早く根本的な解決を目指すのが基本中の基本となります。
自然治癒を待つという手はない訳ではないものの、病院に行く選択を第一と考えた方が良いでしょう。

スポンサーリンク