坐骨神経痛 原因 運動不足

坐骨神経痛と運動不足の関係と原因について

スポンサーリンク

坐骨神経痛と運動不足は全く関係がない訳ではありません。
しかし、当然ながらなぜ関係があるのかと疑問を持つ方も少なくないでしょう。
そして、原因を知ってどのように予防していけば良いのかという点は頭に入れておかないといけません。

 

 

【坐骨神経痛の基本を把握】
坐骨神経痛とは坐骨神経の走っている部分に痺れや痛みが生じるという特徴があります。
足先や足全体にかけて痛みや痺れあるいは貼りや冷えが出るものです。
場合によっては歩行に障害が出てしまうこともあります。

 

坐骨神経痛は治るまでにはどうしても時間がかかってしまうものです。
市販薬を使用するなどしても、あくまでも一時的な痛みの軽減であるからこそ、根本的な解決を目指すのが基本中の基本となります。

 

 

【適度な運動が全ての改善に繋がっていく】
坐骨神経痛は運動不足が大きく関係しています。
適度な運動をして血流を良くして冷えを改善し、骨周りの筋肉をほぐすのが効果的です。
そして基本的な予防という点においては、負担のかからない姿勢を心がけて、歩き方や座り方を正すということが大事になります。

 

運動不足が直接神経圧迫に繋がる訳ではないものの、運動不足が理由で多くの弊害が坐骨神経痛に結びつくと考えられているのが事実です。

 

スポンサーリンク

 

【関節や筋肉を柔らかい状態にすべき】
運動不足が坐骨神経痛の直接的な原因とはならないものの、腰椎に負担がかかる原因とはなってしまうものです。
となると、当然坐骨神経痛が引き起こされるかの背性は高くなります。

 

原因を知り、そして関節や筋肉を柔らかい状態にするのが大切です。
特に年齢を重ねると運動不足となる方はどうしても多くなっていきます。
坐骨神経痛だけではなく、運動不足が原因となって様々な病気にも繋がるのは紛れもない事実です。

 

原因となってしまう運動不足を解消し、適度な運動を心がける生活を送るのが、結果的に快適な生活を送れる理由になります。
原因がどこにあるのかを知ることの意味は非常に大きく、少しでも症状が悪化しないようにしないといけません。

スポンサーリンク